プロキシ環境下でのテスト

Magic Podの使い方 > プロキシ環境下でのテスト

Magic Pod Desktopのプロキシ設定

Magic Pod Desktopは、インストールされたPCのプロキシ設定を自動的に利用してhttps://magic-pod.com以下のURLに接続するため、通常は特別なプロキシ設定は不要です。ただし、プロキシサーバが認証を必要としていたりするとプロキシ設定の自動利用がうまくいかないため、その場合は以下の方法でMagic Pod Desktopのプロキシ設定を行ってください。

まず、Magic Pod Desktopの設定ファイルmagic_pod_config.jsonを開きます。このファイルは、Windowsであれば「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\magic_pod_desktop」に、Macであれば「/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/magic_pod_desktop」にあります。この設定ファイルに対し、以下のように必要なプロキシ情報を設定してください。

プロキシが自己証明書を使用している場合

この場合、Magic Pod DesktopはPCのプロキシ設定を利用することができません。「追加のルート証明書」をテスト実行画面の詳細タブから指定するようにしてください。

iOS シミュレーターにルート証明書をインストールする

iOS シミュレータをお使いの場合、プロキシを介して通信をさせるには、iOSシミュレータにルート証明書のインストールが必要です。こちらについても、「追加のルート証明書」をテスト実行画面の詳細タブから指定するようにしてください。

テスト対象サイトに接続するためのプロキシ設定

テストを実行するブラウザがマシンに設定されたプロキシ設定を利用するため、通常は特別な設定は不要です。

ただし、ベーシック認証が必要なプロキシの場合、ブラウザを開くたびにパスワード聞かれてしまいます。OSのプロキシ設定でプロキシサーバのホストを<プロキシユーザー名>:<プロキシパスワード>@ホスト(例: user:pass@proxy.example.com)のようにしておけば、毎回パスワードを聞かれなくなります。